ハリフ・ファディラ(写真:サビッチ・ラボス、DI:ラガ/VOI)

シェア:

ジャカルタ - このパンデミックの間に、PPNI(インドネシア全国看護師協会)中央執行委員会(DPP)の総議長、ハリフ・ファドヒラ博士、SKp.、SH.、M.Kep.、MH.によると、彼らの職務で死亡した671人の看護師がいました。

「私が受け取った報告書によると、パンデミック中に死亡した看護師は671人いました」と、彼が言いました。この数は確かに730人も死亡した医師よりも少ない。

以下のビデオをご覧ください。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)