ビデオ:社会大臣リスマがIDR100千宗派の2022年版のためにスカルノの写真を使用する理由
イラスト(ピクサベイ)

シェア:

ジャカルタ - トリ・リスマハリーニ社会担当大臣、またはリスマと呼ばれる社会担当大臣は、インドネシア共和国第1代大統領の息子グントゥール・スカルノプトラに対し、2022年版のIDR 100,000法案に関するスカルノの写真を使用する許可を求めた。

リスマはまた、新しい紙幣にスカルノの写真を使用する理由を明らかにしました。

以下のビデオをご覧ください。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)