告知!9月14日(火)からKRLワクチンを含む列車に乗る
イラスト/アンタラ

シェア:

ジャカルタ - KAI、KAIコミューター、カイバンダラは、すべてのお客様に少なくとも最初の用量でCOVID-19の予防接種を受けることを要求するすべての列車サービスを必要とします。

KAI広報部長ジョニ・マルティヌスは、2021年の運輸省の環状第69回発行に伴い、KAIグループの方針が実施されたと述べた。

「ワクチン要件の制定により、STRP要件、デューティレター、またはその他の証明書は、もはや地元、通勤、または都市部の列車の顧客のための要件ではありません」と、彼は9月12日日曜日に書面で述べました。

KAIが管理する地元の列車サービスの場合、ジョニは、この状態は2021年9月14日火曜日からのみ課されたと言いました。COVID-19ワクチン接種の証拠は、列車に搭乗する前に搭乗役員のコンピュータ画面を通じて役員によってチェックされます。

KAIはPeduliLindungiアプリケーションを搭乗システムに統合しており、現地の列車のチケットの購入または予約時に、見込み客に人口マスター番号(NIK)を含める必要があるため、予防接種データは自動的に搭乗担当者のコンピュータ画面に表示されます。

「データが役員のコンピュータ画面に表示されない場合、検査は見込み客のワクチンカードを見せて手動で行われます」と、彼が言いました。

ジョニは、最初の線量の最小ワクチン接種要件は、長距離列車の旅行の条件でもあると言いました。ただし、リモートトレインのお客様は、出発予定日の最大2x24時間の負のRT-PCR試験結果の証明書または出発予定日の最大1x24時間前に迅速抗原検査を提示する必要があるという追加の要件があります。

ジョニは、12歳未満の顧客はまだ電車で旅行することは許可されていないと言いました。その後、特別な健康状態またはワクチンを受けることができない病気を持つお客様のために、関係する人が予防接種を受けていない、および/または従うことができないことを示す政府の病院から医師の証明書を添付することが必須です。

「KAIグループは、政府の方針に従って厳格な健康プロトコルを一貫して実施し、準拠しているお客様のみが列車に乗り込むのを許可しています。したがって、すべての列車サービスは、COVID-19パンデミックの間にコミュニティによって信頼性を維持することが期待されています」と、彼が言いました。

一方、VPホスピタリティとカスタマーケアKAIフィトリクスモワルダニ空港は、2021年9月13日にすべてのKAI空港駅でペドゥリリンドゥンギ申請の試験があり、乗客は2021年9月14日に最初の最低用量ワクチン接種を行った必要があると述べた。

フィトリはまた、駅エリアや空港列車の移動中にマスクを強制的に使用して常に健康プロトコルを適用し、少なくとも1メートルの距離を保つか、他の乗客や役員と利用可能な標識/標識に従い、温度チェックを行うように顧客に訴えました。

「KAI空港はまた、日常的に運転の前後の施設を消毒し、座席は乗客間の仕切りや隔壁が装備されており、すべての従業員と顧客サービスは2回予防接種を行い、駅や施設で手指消毒剤や手洗いを提供しています」と、彼が言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)