アフリカのネットワークは、サイの彫像に象にメスの16キロを密輸
ポルダ メトロ ジャヤ/VOI

シェア:

ジャカルタ - 警察は、アフリカ起源の国際的なネットワークによってメタンフェタミン型麻薬を密輸する試みを台無しにしました。加害者は動物像の中でメスを偽装した。

「この合計は16キログラムです( メスの)。同じモードで、パケットを介して送信します。「唯一の違いは、このパッケージはいくつかの彫像を密輸されています」と、メトロジャヤ警察コンブスユスリユヌスの広報部長は、8月4日水曜日にリポーターに語りました。

動物の形をした4つの彫像があります。たとえば、ゾウ、水牛、カバ、サイなどです。一方、もう一つは頭の形をしています。

「アフリカから送られた住所は南アフリカのモザンビーク出身です。これは既存の彫像の形です」とyusriは言いました。

彫像は、スカルノハッタ空港を通ってインドネシアに到着するまで空路で送られました。以前に出荷を知らされた警察は税関と調整しています。

「これは、我々は出荷をチェックするために税関と調整するものです。確かに、合計16キロ(メス)があり、これも私たちも同じことをしています」とYusriは言いました。

調査結果から、パッケージの受取人に向けて再開発された。ついに2人の容疑者DOとFSを逮捕するまで、ジャティワルナ、ベカシ地域。

そして、検査の結果から、2人の男性は、頭文字CNを持つ誰かによって支配された。だから、男はまた、麻薬の逃亡者リストに載っていました。

容疑者DOとFSは、麻薬に関する第114段落(2)第112条(2)第132条(1)法第35条に絡み合った。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)