ウネーサから来た悲しみのニュース、2人の講師がCOVID-19のために死亡
COVID-19に暴露されて亡くなった、社会法学部副学部長I(FISH)とスラバヤ州立大学社会学研究プログラム講師(ウネーサ)、アリ・ワヒュディ(写真:アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - スラバヤ州立大学(Unesa)の2人の学者、すなわち社会法学部の副学部I(FISH)、社会学研究プログラム講師のアリ・ワヒュディ、地理教育講師のムルテジョがCOVID-19のために死亡しました。

「ムルテジョ氏は1月20日(水)の夜、アリ氏が今朝08.00 WIBで亡くなりました。「どちらもCOVID-19にとってポジティブです」と、スラバヤで確認されたとき、広報部長ウネサ・ヴィンダ・マヤ・セティニングラムは、1月21日木曜日にアンタラを報告しました。

彼女の死の1週間前、ヴィンダはワスタップ・グループ(WAG)と連絡を取ったと知らされました。

セールでは、彼らは彼の胸がきつくて眠れないと不平を言った。どちらも当時は自己孤立していました。

「ついに病院に運ばれ、モジョーケルト病院のアリ氏とアフマド・ヤニ病院(スラバヤ)のムルテジョ氏」と彼は言った。

2人が付随する病気や併存疾患を持っているかどうかについては、ヴィンダはそれ以上明らかにしていない。

はっきり言って、両方とも酸素飽和度低下、冷や汗、不眠について不平を言いました。ついに二人とも死んだという知らせがあった。

「我々は確かに多くを失った。「COVID-19は私たちの周りで本当に本当なので、悲しいです、でも非常に近いです」と、彼が言いました。

「昨日、ウネスサは、すべての指導者が出席して一緒に祈りを捧げた理由です。健康と癒しを祈り,互いに強め合うために」とヴィンダは言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)