「私は死ぬつもりはない」:2016年大統領候補者
イラスト(写真:イルファン・メイディアント/VOI)

シェア:

ジャカルタ - 汚職撲滅委員会(KPK)は、1年前から逃亡者であるPDIP代表ハルン・マシクを発見していない。そこで、KPKはハルン・マシクに赤い通知を出すように頼まれました。

この要求は、下院PAW議員の贈収賄容疑で容疑者であるハルンの所在が不明なため、インドネシア腐敗防止協会(MAKI)コーディネーターのボヤミン・サイマンによって提出されました。

「生きるか死ぬかの存在に関する情報は、国内でも海外でも知らない。これは、KPKが赤い通知を発行することによって海外を追跡する必要があることを意味します」と、ボヤミンは1月21日木曜日にメディアクルーに話しました。

赤の通知は、容疑者としての地位を持つ刑事事件に関与していると考えられ、人物検索リスト(DPO)に載っている人物を見つけて一時的に拘束する要求です。

海外旅行では人の動きが限られるため、赤い通知が重要になります。また、赤い通知の発行を要求する国は、インターポールの他の加盟国と情報を共有することができます。

ボヤミンによると、赤い通知の発行は、彼が国境を通って密輸することによって海外に逃げるかどうかなど、ハルン・マシクの小刻みな部屋を制限すると考えられている。このように、ハルン・マシクの行方はすぐに生きても死んでも分かることができる。

「私はまた、情報がいくつかあるので、海外を意味する2つの国で追跡を行うことを試みます。これが、生きているか死んでいるかのハルン・マシクの存在を確実に提供するための原則だ」と彼は言った。

この機会に、ボヤミンは、ハルン・マシクを含む逃亡者となった7人の汚職容疑者を捜索する特別なタスクフォースを結成したKPKを高く評価した。ボヤミンは、チームがアーロンと他の逃亡者を狩るために全力を尽くすことを望んでいます。

「もし人生が直ちに捕らえられ、裁判所に送られれば。彼が死んだ場合、ケースはSP3で直ちに閉鎖されます。なぜなら、SP3が死んだ理由の1つだからです。だから、これはすぐに誰にでも確実性を与えるでしょう」と、ボヤミンが言いました。

ハルン・マシクを巻き込んだ事件は、1月8日にkPKが行った手捕まえ操作(OTT)から始まった。当時、KPKタスクフォースチームは、ワヒュル・セティアワンと選挙監督委員会(Bawaslu)アグスティアーノ・ティオ・フリデリナの元メンバーだった彼の仲間を含む多くの人々を逮捕しました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)