LGBTに優しい3カ国
写真イラスト(デリア・ジャンデイニ/アンスプラッシュ)

シェア:

ジャカルタ - レズビアン、ゲイ、トランスジェンダー(LGBT)コミュニティに関する問題は、特にインドネシアではしばしば賛後見を得ています。実際、少し前まで、この問題は、米国(アメリカ)の外国人、クリステン・グレイがLGBT生活に優しい観光地としてバリと呼ばれた後、インドネシアで話題になりました。

インドネシア人の大半はLGBTの人々に抵抗力があります。実際、多くの人がLGBTを多くの自然災害の原因と考えています。

インドネシアはLGBTの存在を拒絶しているが、どの国もその存在を受け入れないという意味ではない。では、どの国がLGBTの存在を受け入れるのでしょうか?

欧州LGBT協会(ILGA-Europe)は、LGBTコミュニティに優しいヨーロッパ49カ国をランク付けしています。このランキングは、重大な人権侵害、差別など、いくつかの分類に基づいています。VOIは、rainbow-europe.orgから報告された上位3つのLGBTフレンドリーな国をカプセル化します。

1. マルタ

マルタは、LGBTコミュニティの権利のためにヨーロッパで最も尊敬されている国に2度選ばれました。この賞はILGA-ヨーロッパによって授与されました。

マルタのゲイガイドレポートによると、国内の同性愛者の権利は増加しており、社会的文脈におけるマルタのゲイフレンドリーな評判に影響を与えています。

2016年に行われた調査によると、マルタ人の65%が同性婚を支持しています。この数字は、2006年に実施された調査と比較して18%増加しています。

2. ベルギー

ベルギーはまた、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの権利を持つ友好的な国と呼ばれています。2003年には、ゲイとレズビアンのカップルが結婚する許可を与えた世界で2番目の国となりました。

thebulletin.beから報告された同国は当初、同国の双方に同性婚の認めを義務付ける規制を制定した。しかし、この規則は2004年10月に廃止された。

今、同性カップルは、彼らが合法的に3ヶ月間ベルギーに住んでいるという条件でのみ結婚することができます。実際、ベルギーの結婚の約2.5%を同性婚が占めています。

3. ルクセンブルク

ルクセンブルクのザビエル・ベッテル首相は、世界で唯一の3人のゲイ政府首脳の一人です。2009年、ベッテルは国連フォーラムでスピーチを行いました。同時に、彼は世界の指導者にLGBT憎悪を非難するよう呼びかけた。

「同性愛恐怖症は個人的な選択であり、我々はそれを戦わなければならない」とベッテルはNBCニュースが引用した。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)