MoEFは野生生物の繁殖許可を完了するよう一般市民に要請:既存の許可を維持する
図。(写真:アンスプラッシュ)

シェア:

ジャカルタ - 環境林業省(KLHK)は、インドネシアにおける野生生物の繁殖に関する特別許可を完了するよう国民に要請しました。
 
「野生動物を飼っている人は、動物の繁殖のための特別な許可を得てください。許可が必要なので、許可されていないものを維持しないでください」と、ジャカルタのラパンガンバンテンで開催されるヌサンタラ生物多様性展またはケハティエキスポ2022に出席しながら、MoEF保全地域ナンダンプリハディの森林環境サービス利用ディレクターは、10月1日土曜日のアンタラから引用して述べました。
 
環境林業省は、社会のあらゆるレベル、特に有名人が、特に野生生物の維持管理に関連する適用法規の規定を遵守することによって、良い行動を示すよう呼びかけています。
 
彼は、政府が社会化を続けているので、すでに野生生物を所有している、または野生生物を所有したいと思っている人々は、決定されたさまざまな手続きを経なければならないと述べた。
 
社会化に加えて、政府はまた、無許可の野生生物を飼っている人々に対して様々な抑圧的な努力をしました。
 
「動物が法的および公式の捕われの身から来ているなら、それは確かに良くなるでしょう。もちろん、それ(証明書)がなければ違法であることを意味する証明書があります」と彼は言いました。
 
環境林業省は、保護された野生生物を許可なく維持することは、その所有者の安全と健康を危険にさらす可能性があると説明しました。それは長い間治療されてきましたが、動物はまだ特定の状況で人間に対して野生で野蛮な性質を持っています。
 
 
さらに、動物は、ヒトに対する疾患を広めるための培地となり得る。動物がヒトに伝染する可能性は高いが、人間も病気を動物に伝染させる可能性がある。
 
娯楽目的での動物の飼育は、植物および野生生物(TSL)の使用に関する1999年の政府規則第8号の第37条で規制されています。
 
この規則は、娯楽のための維持を目的とした植物および野生生物は保護されていない種に対して実施することができ、保護および保護されていない野生生物の繁殖活動は、植物および野生生物の繁殖に関する2005年の林業大臣番号19の規則で規制されている、とナンダン・プリハディは述べた。

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)