寛解できる1,705人の囚人のうち6人は直ちに釈放され、知事は過ちを繰り返さないことを望んでいる
寛解した囚人のイラスト。(アンタラニュース)

シェア:

ケンダリ - 南東スラウェシ州知事(Sultra)のアリ・マジは、インドネシア共和国の77周年の瞬間に寛解または減刑を受けた後に自由になった囚人に、法律に違反して過ちを繰り返さないよう求めた。

「彼らは刑務所で毎日育てられているので、もし彼らが地域社会にいたら、彼らがやった行為をもはや繰り返さないことが期待されています」と、8月17日水曜日、南東スラウェシ州ケンダリでアリは言いました。

アリは、南東スラウェシ州知事のオフィスハウスである赤と白のホールにある中央スラウェシの法と人権省の刑務所(刑務所)の1,705人の囚人と子供たちの赦免命令を直接引き渡しました。

アリ・マジは、減刑を受けた後すぐに釈放されたと宣言された4人の囚人に、寛解令を象徴的に手渡しました。

引き渡しは、法と人権省、特に矯正技術実施ユニット(UPT)のランクによって事実上目撃されました。

「南東スラウェシで囚人の赦免を受けた人々のために、私はあなたを祝福します」と彼はアンタラで言いました。

アリは、南東スラウェシ州の刑務所の囚人や子どもたちが、自由になったときに再び地域社会に受け入れられるように、道徳と道徳を改善し続けることを望んでいます。

「刑務所内の道徳と道徳倫理の改善を改善し、刑務所が寛解し、迅速に釈放されるようにする」と、前出のアリは述べた。

法と人権省のシルベスター・シリ・ラバ長官は、インドネシア共和国77周年の時点で一般赦免を受けた囚人と養育児童の総数は1,705人で、そのうち6人は直接自由と宣言されたと述べた。

赦免を受けた数千人の囚人は、ケンダリ第IIA刑務所482人、バウバウ第IIA第311刑務所、ケンダリ児童特別刑務所42、ケンダリ53第III級女性刑務所、ケンダリ415クラスIIA拘置所、コラカ103クラスIIB拘置所、ラハ142クラスIIB拘置所、ウナアハ第IIB拘禁センター157人であった。

前出のシルベスター局長代理は、「直接釈放された人びとは、ケンダリ・クラスIIA拘置所の4人と、ラハ・クラスIIB拘置所とウナアハ・クラスIIB拘禁センターの各1人だ」と指摘する。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)