中国はロシアとの軍事演習を保証しているが、ウクライナや台湾とは無関係
ボストークでのロシアと中国の軍事演習のイラスト。(ウィキメディア・コモンズ/Пресс-служба Президента Российской Федерации)

シェア:

ジャカルタ - 中国軍はロシアに移転します。ホスト国とインド、ベラルーシ、モンゴル、タジキスタンが率いる合同軍事演習の枠組みの中で。

中国国防部は8月17日水曜日、ロイター通信の報道を引用して、チャンネルニュースアジアが報じたように、合同演習への自軍の参加は現在の国際的および地域的状況とは無関係であると述べた。

先月、モスクワは8月30日から9月5日まで「ボストーク」(東)演習を開催する計画を発表した。演習でさえ、ロシアがまだウクライナとの長い戦争に従事していたときに開始された。

クレムリンは当時、いくつかの外国軍が参加するだろうと言いました。

中国国防省は、この演習への参加は、ロシアとの進行中の二国間年次協力協定の一部であると述べた。

「その目的は、参加国の軍隊との実用的で友好的な協力を深め、参加当事者間の戦略的協力のレベルを高め、さまざまな安全保障上の脅威に対応する能力を強化することです」と同省は述べた。

中国の習近平国家主席とロシアのウラジーミル・プーチン大統領の下で、北京とモスクワは親密になった。

1年前の今月、ロシアと中国は中国中北部で1万人以上の兵士を巻き込んだ合同軍事演習を開催した。ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は、中国の寧夏におけるシブ/協力-2021演習を称賛し、演習をさらに発展させることができると示唆した。

10月、ロシアと中国は日本海で合同海軍演習を行った。数日後、ロシアと中国の軍艦は西太平洋で最初の合同哨戒を行った。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)