DPRの委員会IIは、2024年の選挙インフラのための資金を直ちに支出するよう政府に要請
KPUビル。インドネシア共和国77周年を記念する記念式典は、前回のようなSARAの問題を抱えることなく、健全な2024年の選挙について考える瞬間です。(バッペナス博士)

シェア:

ジャカルタ - 下院委員会(DPR)は、2024年総選挙のインフラ予算を支出するよう政府に要請する。さらに、この基金は、5年間の民主党の円滑な運営のために、総選挙委員会(KPU)によって非常に必要とされています。

「下院委員会IIは、例えば、支払われた予算が段階に関連する場合、KPUが本当にインフラを必要とする場合、我々はそれを支出するよう促す」と、8月16日火曜日、ジャカルタの国会議事堂でインドネシア下院のサーン・ムストファ委員会II副委員長は述べた。

それでも、サーンは、DPR、政府、選挙主催者の間で相互に合意された内容に従って、2024年の選挙予算を支出するよう政府に奨励した。特に、2024年の選挙段階の優先事項である予算に関すること。

したがって、西ジャワ州選挙区議会議員は、自動車や事務局ビルの調達など、インフラなどの選挙段階に関係のない予算は優先事項ではないと考えられる可能性がある。したがって、政府はインフラ予算を支出していない、とサーン氏は述べた。

「おそらく、政府は(インフラ、編)を優先事項にしておらず、ステージに直接関係していない。したがって、政府はインフラ施設を支出していない」とプアン氏は説明した。

しかし、サーン氏は、政府が2024年総選挙の実施を引き続き支援することにコミットしていることを保証した。したがって、DPRの委員会IIはまた、インフラに関連する予算が選挙を実施する目的で直ちに支払われることを奨励する。

「だから、特に今は政党の登録段階にすぎないので、すべてをすぐに行うことはできません。選挙実施のダイナミクスに非常に直接的に関連する段階については、政府は間違いなくそれを検討するだろう」と彼は言った。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)