工場セキュリティロブ携帯電話ショップ:犯罪からの1億ルピアの収益は、IDR 5000万の結婚式の借金を支払うために使用されます
IS、工場警備が結婚の借金を返済するために携帯電話店を奪う/Photo: Doc. Banten Police

シェア:

セラン - 西ジャワ州ブカシ地区の工場の警備員であるIS(29)は、暴力的な強盗事件の容疑者になりました。ISは8月6日(土)、バンテン州セランリージェンシーのキビン地区タムバク村で、被害者を怖がらせるためにマチェーテとおもちゃの銃を使って携帯電話店を強盗した。

セラン警察署長、警察(AKBP)の大副長官ユダ・サトリアからの情報によると、加害者は借金をしていたため、行動を起こすのに必死でした。だから、警察署長は言った、彼は強盗を実行することを敢えてした。

「犯人は、携帯電話店が閉店しようとしていた22時30分頃に携帯電話店に入った」と、ユダ・サトリアは、犯罪捜査ユニットの責任者、警察(AKP)のデディ・ミルザ警部補を伴って、8月15日月曜日の夜に書面による声明で述べた。

ユダは、行動中、加害者は被害者におもちゃの銃とマチェーテを向けたと述べた。被害者は恐れていたので、被害者は加害者が求めたものを与えました。

「CCTVの映像から、加害者はすぐに入ってきて、おもちゃの銃とマチェーテを被害者に向け、被害者を脅しました。彼が求めたことの後、加害者はすぐに逃げました」と彼は説明しました。

ユダは、犯行現場(TKP)でCCTV映像で武装したセラン犯罪捜査ユニットによって犯人を特定できることを明らかにした。その後、チームは加害者を追いかけ、西ジャワ州ブカシ地区の彼の借家で首尾よく逮捕された。

「携帯電話2台、バイク2台、金の毛皮6台、ヘルメット、レインコート、マチェーテ1台、そして約1400万ルピアの犯罪の残り金など、私たちが何とか確保できた証拠で」と彼は言った。

ユダは言った、加害者は一人で行動を起こした、そして彼がそれをしたのはこれが初めてだった。そして、加害者が被害者の携帯電話店で働いていたことが明らかになった。行動中の加害者がお金がどこに保管されているかを知っているのも不思議ではありません。

加害者はついに、携帯電話販売の収益である1億ルピアにのぼる被害者の金を奪った。そしてユダは、加害者が結婚費用に使われた5000万ルピアの借金を支払うためにお金を使ったと説明しました。残りの戦利品は、バイクなどを購入するために使用されます。

「この容疑者が店で働いていたことを考えると、彼は店主の習慣がお金を節約することであることを知っています。一方、加害者であるISは、彼の行動が経済的要因と結婚後に借金を負った結果によるものであることを認めた」とユダは述べた。

彼の行為のために、加害者は暴力を伴う窃盗に関する刑法第365条で起訴され、12年の懲役刑の脅迫を受けた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)