バンカベリトゥンのCOVID-19は13例増加し、総患者数は77人に隔離されました
バベル諸島のCOVID-19対応タスクフォースの長官Mikron Antariksa。(間)

シェア:

バベル - バンカベリトゥン諸島のCOVID-19対応タスクフォースは、COVID-19患者が再び13人増加し、まだ隔離を受けている被曝者の総数が77人の患者になったと述べました。
 
「今日、COVID-19に曝露された人々の症例は、前日の6人と比較して増加しています」と、8月14日日曜日、アンタラ州パンカルピナンのバベル諸島州ミクロン・アンタリクサのCOVID-19対応タスクフォースの長官は述べた。
 
最新の毎日のCOVID-19症例データによると、パンカルピナン7、ベリトゥン3、バンカ2、ウェストバンカ1の患者に広がるCOVIDに13人もの人々がさらされました。
「今日、COVID-19から回復した患者はわずか3人で、患者はゼロで死亡しました」と彼は言いました。
 
13例の追加により、まだ隔離を受けているCOVID-19患者は、パンカルピナン市38、ベリトゥン21、バンカ7、バンカテンガ7、バンカバラット3、イーストベリトゥン1患者に77人になりました。
 
一方、COVID-19の可能性のある症例数は44人で、40人の推定死亡者がバビロニア諸島の地区/都市に広がっていました。
 
「現在、これらの可能性のある症例のうち44件は、COVID-19症例の増加を見越して監視中です」と彼は言いました。
 
 
彼は、特にパンカルピナン市とベリトゥン市のコミュニティに、このコロナウイルスの感染を避けるために、健康プロトコルの実施規律をさらに改善するよう促した。
 
「これまでのところ、バビロンで最も多くのCOVID-19症例に貢献しているのは、これら2つの地区/都市だけです。したがって、タスクフォースは、この地域における健康プロトコルと予防接種の社会化を強化するでしょう」と彼は言いました。

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)