韓国、健康状態を監視するためのナノテクノロジーの入れ墨を開発
タトゥーのイラスト。(アンスプラッシュ/@cblack09)

シェア:

ジャカルタ - 韓国人は、科学チームのプロジェクトが実現すれば、すぐに自分の体内にデバイスを持ち運び、オーダーメイドの入れ墨の形で、潜在的な健康問題を自動的に警告することができるかもしれません。

ソウル市南西部の大田市にある韓国科学技術院(KAIST)の研究者らは、生体電極として機能する溶融金属とカーボンナノチューブで作られた電子タトゥーインクを開発しました。

心電図(ECG)デバイスまたは他のバイオセンサーに接続され、患者の心拍数の測定値およびグルコースおよび乳酸塩などの他のバイタルサインをモニターに送信することができる。

この研究の専門家の究極の目標は、バイオセンサーを置き換えることです

「将来、私たちが望むのは、このインクと統合されたワイヤレスチップを接続して、通信したり、身体と外部デバイスとの間で信号をやり取りしたりできるようにすることです」と、プロジェクトリーダーのスティーブ・パーク(Steve Park)材料科学と工学の教授はロイターに語った8月2日。

このような「モニター」は、理論的には、患者の自宅を含むどこにでも配置することができます。

使用されるインクは非侵襲的であり、半導体または温度計にも使用される銀色の軟質金属であるガリウムに基づく粒子でできていることが知られている。プラチナ装飾のカーボンナノチューブは、耐久性を提供しながら電気を伝導するのに役立ちます。

「皮膚に塗布すると、擦っても入れ墨は消えず、溶かした金属だけでは不可能です」とPark氏は言います。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)