修復的正義に沿った法と人権省の矯正版の5つの原則
プジョ・ハリント/撮影:アンタラ

シェア:

ジャカルタ - 法と人権省(ケメンクムハム)の矯正総局(Ditjenpas)のコミュニティガイダンスと児童軽減のディレクター、プジョ・ハリントは、矯正主義の10の原則のうち5つは修復的正義に沿っていると述べた。

「基本的に、修復的な正義は長い間刑務所に存在してきた」と、7月6日水曜日、ジャカルタのプジョ・ハリントは述べた。

矯正施設の5つの原則は、彼ら(囚人)が社会の善良で有用な市民としての役割を果たすことができるように生活し、生活規定を提供することです(回復)。

第二に、犯罪の強制はもはや報復の背景に基づいていません。第3に,囚人が悔い改めるように,拷問ではなく導きを与えることです。第四に、国家には、囚人が刑を宣告される前よりも悪化したり、悪化させたりする権利はない。

第五に、囚人が移動の自由を失う(制限される)限り、囚人と学生は社会から疎外されるべきではない。

ディッチェンパスは、1964年4月27日のレンバン会議で、最低限の規則基準から修復的正義に関する政策を採択した、と彼は述べた。

実際、矯正制度に関する平成7年法律第12号第1条を参照すると、矯正制度とは、パンチャシラに基づく矯正受刑者の育成の方向、境界、方法に関する命令であると述べられている。

そうです、と彼は言いました。矯正施設の受刑者の質を向上させるために、コーチ、育成されている人々、およびコミュニティの間で統合された方法で実施されます。

「重要なのは、彼らがコミュニティで自然に暮らせるということです」とPujo氏は言います。

したがって、修復的正義は刑務所によって実施された社会的再統合プロセスと一致していると続けた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)