ウクライナ戦争は終焉の兆しはなく、EUは復興綱領を準備した
ウクライナの領土に対するロシアの攻撃の影響。(ウィキメディア・コモンズ/ウクライナ国家緊急サービス)

シェア:

ジャカルタ - ウクライナでの戦争は終息の兆しがありません。しかし、EUはすでにウクライナの再建を調整するための復興プラットフォームを準備している。

欧州委員会委員長ウルスラ・フォン・デア・ライエン(Ursula von der Leyen)は、7月4日月曜日のチャンネル・ニュース・アジアが引用したように、ウクライナのロシアとの戦争が終わった後に実行される。

このプラットフォームは、投資ニーズのマッピング、行動の調整、リソースのチャネルに使用されると、スイスのルガーノ市のウルスラ氏は述べています。

「戦争が始まって以来、欧州連合(EU)は約62億ユーロ(64億8000万米ドル)の財政支援を動員してきた」とフォン・デア・ライエンは述べた。

「そして...もっと来る。中長期的な復興に大きく関わっていきます」と続けた。

このプラットフォームは、国、機関、民間部門、市民社会を結びつけます。また、欧州復興開発銀行や欧州投資銀行などの国際機関も含まれる。

「復興プラットフォームを通じて、欧州委員会は改革と投資を組み合わせたプログラムの実施において幅広い専門知識を提供することができます」とフォン・デア・ライエンは述べた。

「さらに、我々は長い間ウクライナと緊密に協力してきた。そして、この仕事は、ウクライナが正式に我々の連合に加わる候補者になった今、増加するだけだ。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)