血で殺されたセルポンの女性は、医者に「助けて、ドアから男を蹂躙する」とささやいていた
北セルポン、南タンゲラン/IST の殺人現場

シェア:

TANGSEL - 南タンゲランの北セルポン地区の搭乗室で、頭文字SL(35)の女性が血で殺されました。発見される前に、他の寄宿舎の住民は犠牲者の場所から叫び声を聞いていました。
 
南タンゲラン警察署長のAKBPサリー・ソルルは、事件は6月25日土曜日の02:00 WIB頃に起こったと述べた。被害者の死は殺人によるものと強く疑われている。
 
「犯罪現場の報告は、死の状態で血まみれの女性の発見が殺人の犯罪行為の疑いがあることを確認する」と、6月26日土曜日に確認されたとき、サリーは言った。 
 
サリーは、RSの目撃者であるAとHが搭乗室でおしゃべりをしていたときの始まりを説明しました。しかし、突然、被害者の部屋から叫び声が聞こえました。
 
「目撃者1(RS)がすぐに部屋から出てきて、被害者がすでに血まみれの状態で被害者の部屋のドアにいたのを見ました」と彼は説明した。
 
病院に運ばれる前に、被害者は加害者が奪った自分の持ち物についていくつかの言葉を伝える時間もありました。「被害者は『どうぞ、裏口から盗んでください、私のHPが奪われました』と言いました」と彼は言った。
 
病院は直ちに寄宿舎の責任者と最寄りの警察に報告し、さらなる行動を求めた。ペースの速い警察は、直ちに犯行現場(犯行現場)で捜査を行った。その結果、血まみれのナイフが見つかりました。 
 
「場所を確認すると、被害者の部屋から被害者の部屋の正面玄関まで血が飛び散っているのが発見され、被害者の部屋の別の状態でナイフの柄と新鮮な血で染まったナイフの刃が見つかった」と彼は語った。
 
彼の命は救われず、死んだと宣告されました。現在、被害者はタンゲランリージェンシー地域病院に紹介され、剖検プロセスを受けています。
 
 
「被害者はもはやそこにいないか死亡し、被害者はタンゲラン市立病院に連れ戻され、その後被害者はタンゲランリージェンシー病院に紹介され、解剖のために連れて行かれる」と彼は結論づけた。
 

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)