アウトブレイク、ランプンのFMDはますます広まっています 市政府はこれを行います
メトロシティのヘリ・ウィラトノ食料安全保障・農業・漁業局(DKP3)長官/写真:アンタラ

シェア:

バンダル・ランプン - ランプン県の家畜の口と爪の病気(FMD)は、8頭の牛と5頭のヤギが発見され、この病気に陽性反応を示した後、メトロシティに拡大しました。はい、今のところ、南メトロのRejomulyo村は、FMDの13の症例があるため、レッドゾーンのステータスにあります。病気の発見があるにもかかわらず、私たちの状態はまだ安全に制御されています」と、メトロのメトロシティヘリウィラトノの食料安全保障、農業漁業サービス(DKP3)の責任者、6月25日土曜日、彼は、Rejomulyo村のFMDの症例が最初に発見された2022年6月12日に、地元住民が所有する牛の1頭が食べたくないと唾液分泌過剰の症状を示したと述べた。数日のうちに、この病気は村の住民が所有するいくつかのケージに広がりました」と、現在Rejomulyo村の獣医師であるAntara.Said Heriが引用したように、FMDの蔓延がより広がらないように観察やその他の努力を続けています。サブ地区の獣医師は、標準操作手順(SOP)に従って毎日観察と手順を実行します。最新の情報更新のために、FMDに肯定的な牛はすでに食べることをいとわず、広く普及していません」と彼は再び言いました。

彼によると、彼の党はまた、メトロシティ内外の家畜の交通を厳しくしている」と語った。現在、出てくる家畜が少なくとも目的地からの推薦状を持っている場合、すべての動物は動物衛生証明書(SKKH)を持っていなければなりません。この手紙から、動物を14日間隔離するよう勧告されるでしょう」と彼は説明した。彼はまた、ヤギや牛を飼っているメトロシティの家畜所有者に、ペンの清潔さ、衛生状態を維持し、定期的に消毒剤をスプレーするよう促しました。すべてが定期的に掃除されなければなりません、それから家畜小屋の世話をする方が良いです、一人は変わるべきではありません」と彼は言いました。以前はランプンには、FMDに感染している状態の4つの地区、すなわち西バワンボーン、トゥランバワン、メスジ、東ランプンのリージェンシーがあり、現在はFMDに感染した1つの地域、すなわちメトロシティがあります。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)