20カ国以上で約200例のサルの症例、WHO:おそらく人間の行動の変化による
WHO本部のイラスト。(ウィキメディア・コモンズ/トールキルド・ティレスカー)

シェア:

世界保健機関(WHO)によると、サル痘の症例は通常ない20カ国以上で200件近くのサル痘の症例が報告されています。

それでも、誰が流行を管理可能であると表現し、共有ワクチンと医薬品の限られた供給を世界中で公正かつ利用可能にすることを提案しました。

金曜日の声明で、WHOは、現在の流行がどのように出現したかについて、まだ多くの未解決の質問があると述べた。しかし、ウイルスの遺伝的変化が前例のない流行の原因であるという証拠はありません。

「ウイルスの最初のシーケンシングは、そのタイプが風土病国で見られるタイプと変わらないことを示しています。(このアウトブレイクは)人間の行動の変化によって引き起こされている可能性があります」と、AP May 27の引用で、WHOのパンデミックおよび風土病ディレクターのシルヴィー・ブリアン博士は述べた。

今週初め、WHOのトップアドバイザーは、ヨーロッパ、米国、イスラエル、オーストラリア、そしてそれ以降での流行は、スペインとベルギーの最近の2つのレイブでセックスに関連している可能性が高いと述べた。

これは、人々が主にげっ歯類や野生の霊長類などの動物に感染し、発生がまだ国境を越えて広がっていない中央および西部アフリカで典型的な病気の広がりのパターンから大きく逸脱しています。

WHOのBriand氏は、アフリカでの過去の病気の発生がどのように進行したかに基づいて、現在の状況は「管理可能」であるように見えると述べた。

しかし、WHOは将来、より多くの症例が報告されることを期待していると述べ、「氷山の一角を見ているだけなのか(それとも)コミュニティで検出されていない症例がもっとあるのかはわかりません」と指摘しました。

天然痘ワクチンの世界的な供給が限られていることを考えると、WHOの緊急チーフであるマイク・ライアン博士は、黄熱病、髄膜炎、コレラの発生時にそれらを余裕のない国々で配布するのを助けられたものと同様に、潜在的に中央管理された供給を開発するために加盟国と協力すると述べた。

「私たちは、標的を絞ったワクチン接種キャンペーンや標的療法のためのワクチンを提供することについて話しています」とライアンは言いました。

「したがって、量が多い必要はありませんが、すべての国が少数のワクチンにアクセスする必要があるかもしれません。

それは知られています、ほとんどのサル痘患者は発熱、体の痛み、風邪、そして疲労を経験するだけです。より深刻な病気を持つ人々は、体の他の部分に広がることができる顔や手に発疹やびらんを経験することができます。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)