ジョコウィがCPO輸出禁止令を解除、PKSがプリン計画政府を批判
ジョコウィ大統領/ユーチューブ大統領官房

シェア:

ジャカルタ - ジョコ・ウィドド大統領は、パーム油、食用油、粗パームオイル(CPO)製品の輸出許可を来年5月23日(月)から再開すると発表しました。

下院PKSムリャント派第7委員会のメンバーは、政策に関する政府の台座計画の態度に驚かなかったことを認めた。その理由は、彼は大きな影響があってはならないので、わずか3週間前のポリシーのキャンセルを推定したからです。  

「このような政策はしばしば政府によって取られてきたので、この大統領の業績に対して人々の評価がより否定的になることは驚くことではありません」とムリャントは5月20日金曜日に記者団に語った。 

PKSの政治家は当初から、CPOの輸出とデリバティブを禁止するこの政策を政府が維持できるかどうか確信が持てなかった。なぜなら、彼によれば、この政策は反応的に取られ、グラサ・グルースであり、慎重ではなく、研究に基づく政策アプローチからかけ離れているからです。 

「マフィアと対峙する勇敢さと勇敢さに感銘を受けたが、エッジは縮小し、自分の唾液を舐めている」と彼は説明した。

実際、ムリャント氏は、すべての政策にはトレードオフの側面がなければならないと続けた。ミゴールの場合、生産者、アブラヤシ農家、消費者の側にあります。 

「影響を受けた人々のためのリスク軽減とインセンティブがあるべきです」と彼は言いました。 

「この事件から、大衆は、このミゴール・ビジネスマンのロビー活動がいかに強いかをますます理解しています。だから、この政策の強力な戦いにおいて、政府はミゴールマフィアよりも劣っていると言うのは自然なことです」とムリャントは付け加えた。 

既報では、ジョコウィ 大統領が食用油や粗パームオイル(CPO)を含むパーム油製品の輸出禁止の再開を発表した。

以前に続いて、ジョコウィ大統領は、2022年4月28日木曜日から、CPOを含む食用油とその派生原料の輸出を正式に禁止しました。

食用油の輸出を禁止する政策以来、輸出禁止政策により、現場でのモニタリングに基づき、食用油の供給は増加を続けています。さらに、全国平均で食用油の価格が下落しました。

「食用油の現在の供給と価格の状況に基づいて、そしてパーム油産業の農民と労働者と他の支援労働者に1700万人の労働者が存在することを考慮して、私は食用油の輸出を2022年5月23日月曜日に再開 することを決定しました」とジョコウィは言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)