副大統領、アチェの平和維持を要請
副大統領官邸でアチェ学長フォーラムを受理したインドネシアのマルフ・アミン副大統領 / Photo: Antara

シェア:

ジャカルタ - マールフ・アミン副大統領は、ヘルシンキ合意を通じて生み出されたアチェの平和が、アチェの人々の福祉の発展を促進するために維持されるよう呼びかけました。まあ、それは再び損傷を受けないように、維持されなければならないものです」と、5月18日水曜日、中央ジャカルタ副大統領の公邸でアチェ学長フォーラムを受け取ったとき、副大統領は言いました。 アチェの人々のためのヘルシンキ協定を含む、インドネシア共和国統一国家の枠組みの中で国家協定を維持しながら、我々はアチェが助長されることを望みますが、イスラム教の理解が与えられなければなりません、私たちの宗教的穏健さはイスラム教徒のカッファ・マール・ミツァクです。他の地域が1つしかなければ、ヘルシンキのアチェ・ミツァクルにあるミツァクル・ワタニ(国民協定)だ」と彼は言った。マリクサレハ大学のハーマン・フィトラ学長は、その機会に、アチェの平和が持続し、アチェの人々のために正義と福祉が等しく続くという希望を表明しました。

「もちろん、この平和が永遠であり、うまくいき続け、アチェの人々が正義と福祉の感覚を得ることができることを願っています。それが求められていることです。したがって、経済問題にもっと焦点を当てています」と、国家イスラム研究所(IAIN)のHerman.LegonZulkarnain学長は、宗教的モデレーションプログラムはアチェの宗教省によって運営され始めており、肯定的な反応を受けたと述べました。ズルカルナインは、政府が、特にアチェの州立イスラム宗教大学(PTKIN)で、プログラムの実施に対する支援をさらに増やすことができることを望んでいます」アチェのPTKINにある多くの宗教的モデレーションプログラムには、ルモー宗教的モデレーションなどという名前があり、これはますます宗教省を通じて副大統領の支持を得ています。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)