バイデン大統領が韓国と日本を訪問、諜報機関が北朝鮮の核・ミサイル実験の可能性を警告
ジョー・バイデン大統領。(ツイッター:ポトゥス)

シェア:

米国の諜報機関は、今週から始まるジョー・バイデン大統領の韓国と日本訪問後までの間に、核または長距離ミサイル実験、あるいはその両方の可能性について警告している、と米国の国家安全保障顧問ジェイク・サリバンは述べた。

「我々の諜報機関は、大統領がこの地域を訪問する前、前、後、またはその後に、長距離ミサイル実験、核実験、あるいは率直に言ってその両方を含むさらなるミサイル実験が行われるという真の可能性を反映している」とサリバンはホワイトハウスでのブリーフィングで述べた。

「私たちはあらゆる可能性に備えています」と彼は続けた。

サリバン氏は、米国は韓国や日本と緊密に連携していると述べた。彼はまた、水曜日に電話で中国の楊潔チと北朝鮮について話し合った。

サリバン氏は、米国は必要に応じて軍事態勢を短期的および長期的に調整する用意があり、「この地域の同盟国に防衛と抑止力を提供し、北朝鮮の挑発に対応することを確実にする」と述べた。

バイデン氏の5月20~24日の訪問は、大統領として初めてのアジア訪問となる。これには、5月10日に就任した韓国のユン・ソクヨル大統領との最初の首脳会談が含まれます。

一方、ホワイトハウスは、バイデン大統領が先週、そのような訪問を検討していると述べた後、金曜日に始まった韓国訪問中に、北朝鮮と韓国を隔てる非武装地帯(DMZ)を訪問しないと述べた。

「彼はDMZを訪問するつもりはなく、今回の訪問でもないだろう」とホワイトハウスのスポークスマン、カリーヌ・ジャン=ピエールは語った。

以前、米国と韓国の当局者は、北朝鮮がCOVID-19の大規模な流行と戦っているにもかかわらず、バイデンの韓国訪問に先立って大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実験を準備しているようだと述べた。

これとは別に、韓国の金泰浩(キム・テヒョ)国家安全保障担当副補佐官は、そのような実験が差し迫っているようだと述べ、米国当局者は木曜日または金曜日にも起こり得ると述べた。

金泰浩(キム・テヒョ)氏は、北朝鮮の大小の「挑発」に備えて「プランB」が準備されており、首脳会談のスケジュールの変更を伴う可能性があると述べた。

北朝鮮は、昨年のバイデン大統領の就任以来、ミサイル実験を繰り返しており、今年は2017年以来初めてICBM発射を再開しました。発射のたびに、ワシントンは北朝鮮に対話に戻るよう促したが、反応はなかった。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)