ICWはデマ報道の告発を否定
図。(写真:アンタラ博士)

シェア:

ジャカルタ - インドネシア汚職ウォッチ(ICW)は、南スマトラ・フェリ・クルニアワンのインドネシア汚職防止協会(MAKI)の副会長が報告書「発電所プロジェクトの背後にいるのは誰か?」に関連して行ったでっち上げ疑惑について語った。ICWの研究者クルニア・ラマダナは振り向いて、誰がこの報告書をでっちあげと呼んだのかと尋ねた。

「誰がそれがでっちあげだと言ったの?マキ南スマトラ?汚職防止協会という意味ですか?」とクルニア・ラマダナは5月18日水曜日に記者団によって確認されたとき、言った。

クルニアはまた、疑わしい当事者に、報告書を作成したチームの1つ、すなわちEgi Primayoghaに連絡するよう招待しました。

「今号は、えぎさん(えぎプリマヨガ)のところに行ってください。彼は擁護者です」と彼は言いました。

一方、インドネシア汚職防止協会(MAKI)のコーディネーターに確認されたボヤミン・サイマンは、南スマトラMAKIは彼の党の一部ではないと強調した。

「MAKIの一部でもなければ、支店でもない。それは別のパーティーだ」とボヤミンは言った。

ICWは以前、南スマトラI型PLTU(蒸気発電所)の建設が、周辺地域の多くがARI(急性呼吸器感染症)の影響を受けていると考えられていたと報告書で述べていたことが知られている。

「蒸気発電所(PLTU)からの煙は確かに致命的です。それは病気を引き起こすことができる多くの有毒化合物を含んでいます。喘息、急性呼吸器感染症、肺がんなどもその一例であり、これらの化合物は住民の命を脅かしている」とICWは書いている。

周囲のコミュニティが汚染された空気に奉仕されていることに加えて、彼らの生計の源もPLTUの存在によって妨げられています。彼らはもはや肥沃な農地やきれいな海を見つけることができません。

「これは、土地がPLTUの場所に変えられ、石炭流出が海水を汚染したことも一因です。その結果、魚の養殖や収穫はもはや彼らの生活の選択ではない」とICWは書いている。

参考までに、PLTU Sumsel-1を管理する会社は、中国神姫エネルギー株式会社とPTライオンパワーエナジー(LPE)からなるコンソーシアムであるPT Shenhua Guohua Lion Power Indonesia(SGLPI)です。中国神姫が株式の75%、PT LPEが25%を所有している。PT Lion Power EnergyはPT Graha Wahyu Kencanaが所有しています。PT Graha Wahyu Kencanaの経営陣の構成における株式所有の構成は、Setiawan Ichlas 99.51%が過半数を占めています。

以前、ICWが報告書「発電所プロジェクトの背後にいるのは誰ですか?」の結果をICWの公式ウェブサイトで発表したことは知られていました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)