バタム島に着陸を余儀なくされた外国航空機がフライトを再開するために戻る
登録G-DVORとタイプDA62の外国の航空機は、バタム島に着陸することを余儀なくされました。(アンタラ)

シェア:

BATAM - インドネシア空軍は、5月13日金曜日に許可なくインドネシア共和国の領土に入るために、登録G-DVORを持つ外国の民間航空機タイプDA62を許可し、飛行を再開しました。

インドネシア空軍情報局(カディスペナウ)のマルスマTNIインダン・ギラン・ブルダンシャ長官は、飛行機はマレーシアへの飛行を続けたと述べた。

「インドネシア空軍、この場合はハン・ナディム空軍基地バタムは、FCが月曜日に公表された後、バタムからジョホールバルマレーシアへの飛行を継続することを許可しました」とギランは5月18日水曜日の書面による声明で述べた。

彼は、インドネシア政府が5月16日月曜日に3人の英国市民が乗務していた飛行機に飛行許可(FC)を発行したと伝えた。

アンタラの報道によると、FCを懐に入れた後、バタムのハン・ナディム空港に着陸するよう命じられ、5月13日金曜日から拘束されている外国機は、バタムを出発してマレーシアのジョホールバルに向かった。

バタム島で拘束されている間、MJT(パイロット)、TVB(副操縦士)、CMP(乗務員)の3人の乗組員は、運輸省フブド総局の地域II空港局事務所からPPNSによる行政手続きと検査を受けた。

「PPNSによる航空機運航者の検査はまだ進行中であり、制裁が下されるまで処理を続ける」と声明は続けた。

制裁の発動は、航空に関する2009年法律第1号、インドネシア領空域の安全保障に関する2018年政府規則(PP)RI第4号、および航空分野における立法規則の違反に対する行政制裁の監督および賦課の手続きに関する2021年運輸大臣番号PM27の規則を指す。

 


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)