電気の短絡とされる、アンボン島で燃えた一軒の家
ヌサニウェ地区(アンボン市)ベンタン地区にあるバーティ・ディアスさんの家屋の1棟が、電気的な短絡で焼失/写真:アンタラ

シェア:

アンボン - 水曜日の朝、インドネシア東部時間の01:05頃、ベンタン村、ヌサニウェ地区、アンボンアイランドシティ、PPリースの空き家ユニットが、家の天井の電気的短絡のために火災を起こしました。

「ベンテン村にあるこの家は、現在ジャカルタにいるバーシー・ディアス(59)の家族に属しています」と、アンボン島警察とPPリース第2インスピープル・モヨ・ウトモの広報部長は5月18日水曜日に語った。

目撃者のマーティさん(42)によると、被害者の家の屋上から火花や小さな炎が噴き出すのを最初見たという。

「その時、目撃者は被害者の家から約20メートル離れた彼の屋台の前に立っていて、インドネシア東部時間の01:05頃に火花と炎を見ました」とマーティはアンタラによって引用された。

その後、目撃者はすぐに家に近づき、地元住民に電話して事件を知らせようとしました。

警察は、ミルト・エルワワン(22歳)という別の目撃者から、焦げたケーブルから煙の匂いを嗅ぎ、その匂いの源を見つけるために急いでいたという証言を受けた。

「目撃者がマーティの屋台の前に着いた後、彼はバーティ・ディアス家の家を見て、屋根に炎が燃えているのを見て、すぐにオートバイタクシー基地の多くの若者に助けを求めました」とモヨ・ウトモは説明しました。

インドネシア東部時間の01時11分、アンボン市の消防士4部隊が現場に到着して消火活動を行ったが、ヌサニウェ警察、アンボン島警察、PPリースが現場を確保し、死傷者は出なかった。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)