フランスの立場を再確認、マクロン大統領はイスラエルにアルジャジーラのジャーナリストの死に関する調査を完了するよう促す
プランシス・エマニュエル・マクロン大統領。(ウィキメディア・コモンズ/ジャック・パキエ)

シェア:

【ジャカルタ】フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、火曜日に被占領西岸地区で先週イスラエルが襲撃したパレスチナ人ジャーナリストの死について、迅速な調査を完了するようイスラエルに要請した。

アルジャジーラのベテランジャーナリスト、シリーン・アブ・アクレが水曜日に射殺された。彼の死と、その2日後の葬儀での弔問者に対するイスラエル警察の暴力は、パレスチナ人と国際的な怒りを引き起こした。

「大統領は、シリーン・アブ・アクレの死に感動したと述べ、調査の迅速な結論が必要であるというフランスの立場を繰り返した」と、マクロン大統領とイスラエルのナフタリ・ベネット首相との電話会談の後、フランス大統領府は述べた。

イスラエルとパレスチナ人が彼の死について別々の調査を行っていることが知られており、2人は致命的な銃撃事件をめぐって対立している。

パレスチナ人はイスラエルが彼を殺したと非難し、国際的な対応を求めた。一方、イスラエルは彼を標的にすることを否定し、彼が銃撃の応酬をしているときに兵士やパレスチナ人のガンマンによって誤って撃たれた可能性があると述べた。

フランス大統領府はまた、マクロン大統領はまた、パレスチナ人が国家を求める土地であるヨルダン川西岸地区に4,000以上の新しい入植地住宅を建設するというイスラエルの最近の決定について懸念を表明したと述べた。

一方、世界のほとんどの国は、入植地を国際法の下で違法とみなしており、イスラエルはこれを拒否している。

これとは別に、電話後のベネットの事務所からの声明は、アブ・アクレや入植地に言及していなかった。

また、マクロン大統領とベネット首相は、ロシアのウクライナ侵略を終わらせるための努力を調整すると付け加えた。両首脳は、これまでウクライナに平和をもたらすことを目的とした実りのない外交努力を行ってきました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)