Ma'ruf アミン副大統領、政府が4月11日のデモの要求に耳を傾けることを保証
マルフ・アミン副大統領/アンタラ

シェア:

ブキッティンギ - マルフ・アミン副大統領は、4月14日月曜日の 集会で学生から寄せられた要求を政府が聞くようにしました。

「それは民主主義の一部だと説明されていると思います。それがうまく行われている限り、それはアナキストではなく組織化されているので、それは願望であり、政府は様々な要求を聞く」と彼は西スマトラのブキティンギで語った。

インドネシアの多くの都市で起こった行動では、学生は価格上昇と食用油の不足の問題、Pertamaxの価格の上昇、国家首都法に関連する選挙を遅らせるという談話など、多くの要求を伝えました。

こうした要請に対し、マールフ・アミン副大統領は、生活必需品や燃料油の価格上昇は、イードに先立つ需要の高まりや、ロシア・ウクライナ紛争で変化した世界経済情勢など、いくつかの要因が原因であると強調した。

「世界経済の状況の結果として、至る所で増加が見られます。だから今回のイードは、普段増えているレバランだけではなく、世界経済の影響もある」と話した。

避けられない予期せぬ外的要因があるが、政府は食用油の社会扶助の形で支援を提供しようとしていると彼は続けた。

「政府は、このバルク食用油をまだ制御できるようにしようとしており、そのうちの1つは政府が食用油に社会援助を提供することです」と副大統領は述べた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)