東ベリトゥンの小学生14人がピーニャガ・シーコラに痴漢に遭い、PPPA省は加害者に身元を公表し、断固として行動するよう要請した。
ピクサベイのイラスト

シェア:

ジャクルタ - PPPAナハール 省の児童特別保護担当副大臣は、東ベリトゥンにおける14人の小学生への虐待を強く非難した。PPPA省は、加害者が適用法に従ってしっかりと行動するよう要請する。

「PPPA省は、東ベリトゥンにおける小学生への性的虐待事件を強く非難する。事件の冒頭で、生徒や学校の一部の親が問題は終わったと考え、加害者を許し、情報を抽出するプロセスを困難にしていることを遺憾に思います」と、4月1日金曜日、アンタラが引用したPppa Nahar省の子ども特別保護副大臣は述べた。

被害者の両親と学校が、被害者の子どもが虐待によって経験した精神的トラウマから保護され、回復されるように、この事件を明らかにするために支援できることを願っています。

ナハール氏は、小学校で社会化を行った東ベリトゥン児童保護庁(LPA)が、被害者の1人、被害者、その他13人の友人から学校の警備員から性的暴力を受けたという報告を受けた後、事件が明るみに出たと述べた。

ナハールは、この事件が明らかになるために敢えて声を上げた被害者の勇気に感謝した。

PPPA省は、法執行官が適用法規に従って加害者に処罰を与えることができるよう要請している。

前出のナハール局長は、「加害者は2016年法律第17号第82条に基づき、最低5年、最高15年の懲役で起訴される可能性があり、加害者が教育担当官である学校警備員であることが証明されれば、犯罪者は以前の犯罪的脅迫の3分の1を追加することができ、加害者は加害者の身元の公表という形で追加の犯罪者として起訴される可能性がある」とナハールは述べた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)