遊牧民が支配するシレボンにおけるCOVID-19症例の追加
イラスト(写真:ピクサベイ)

シェア:

CIREBON - シレボンリージェンシー保健局の職員、西ジャワ州、デンディハムディは、現在記録されているCOVID-19症例の追加は、ジャカルタで移住し、シレボンIDカードを持っていた住民によって支配されていると言いました。

「25の活発な症例のうち、20人は現在ジャカルタにいるシレボン・リージェンシーの住民です」と、1月27日(木曜日)にアンタラが報告したように、シレボン・リージェンシー保健局の疾病予防・管理監視部門(P2P)の責任者は述べています。

デンディは、シレボンリージェンシーのCOVID-19の陽性確認症例は、ここ数日で増加したと言いました。

この2日間で、デンディは続けて、1月26日(水)に5件、1月27日(木)には5件のCOVID-19症例が追加され、現在25件のアクティブな症例が発生しました。

しかし、デンディは、25のケースのうち、20はジャカルタで正確に言えば、市外に移住しているシレボンリージェンシーの住民であると言いました。

「IDカードはまだシレボンリージェンシーなので、データは私たちに行きますが、実際にはジャカルタにあります」と、彼が言いました。

デンディは、シレボンに住む住民のために、現在、彼らが自己孤立している陽性を確認された5人しかおらず、病院でもあると付け加えました。

COVID-19の症例が増加する中、彼の党は家を出るときに健康プロトコルを強化するよう国民に促す。

「症例の増加を最小限に抑えるためには、健康プロトコルと予防接種を継続しなければならない」と彼は言った。

 

 

 

 


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)