雨と強風、メカルバルハウスに大きな木が落ちる
BPBD役員は、メカルバル、タンゲラン/写真の住民の家に落ちた大きな木の幹を避難させる/写真:アンタラ

シェア:

バンテン - バンテン州タンゲランリージェンシーの地域災害管理局(BPBD)チームは、大雨と強風のためにメカルバル地区の住民の家を襲った倒れた木を避難させました。

「倒れた木の事件は、1月26日(水曜日)アンタラを引用して、ソレフディン氏のキッチンとアヒルの小屋を襲ったスラビレッジ、RT 05、RW 01、メカールバルビレッジ、メカルバル地区で、インドネシア西部時間の約04.30で発生しました。

彼は、大雨と強風がすでに多孔質である大きな木を根こそぎにしたので、木はすぐに近くの家に落ちたと言いました。

「この事件では、家の所有者が中にいた事件の死傷者は一人もいなかった。「木の幹と小枝が台所にさらされただけです」と、彼が言いました。

さらに、倒れた木の事件は、マウク地区のタンジュン・アノム村の地域でも、無人のポストを打ってタンジュン・カイト通りで起こりました。

「マウク地区の倒れた木のために、死傷者はなく、倒れた木だけが無人のポストビルにぶつかりました」と、彼が付け加えました。

倒木を片付けるために、タンゲランリージェンシーBPBDは、それぞれ5人で構成される2人に分かれた10人の人員を配備しました。

「メカールバル村では、クロンジョポストに勤務する5人の消防士を配備しました。そして、5マウクポストは、火災ボランティアとメカールバルビレッジコミュニティによって支援されました」と、彼が言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)