台湾のCOVID-19症例が急上昇、桃園工場従業員70人が陽性
イラスト(アンスプラッシュ)

シェア:

台湾は土曜日、台湾の桃園市の自由貿易圏にあるエレクトロニクス工場の従業員70人が陽性反応を示した後、COVID-19症例が急増した。

ASUSTeK Computer Inc.のAskey Computer工場で見つかった70の肯定的なケースのうち、63は出稼ぎ労働者であり、2人の出稼ぎ労働者からのクラスターでした。

2人の労働者は市内のレストランの1つで食べていた、台湾の流行司令部(CECC)は地元の通信社によって言ったと伝えられた。

桃園国際空港周辺の工業地帯で稼働する工場は少なくとも30工場で一時閉鎖された。

台湾のスー・ミン・チュン労働相はCNA通信の報道によると、50人以上の出稼ぎ労働者に対する大量PCR試験をできるだけ早く行うのに役立つ一方で、50人未満の従業員が続くだろうと伝えた。

労働省はまた、2つの言語を使用して直接電話番号1955を介して出稼ぎ労働者にサービスを提供するために、その人員を展開します。

セックは1月9日に中里地区のレストランで友人と食事をした後、1月20日木曜日に2人の出稼ぎ労働者がCOVID-19に陽性を見つけました。

両方とも従業員寮に住んでいたので、夕方にPCRテストは1,005人の従業員に対して大量に行われ、そのうち66人が陽性反応を示しました。

最も肯定的なケースは、リバティタイムズネットが報告したように、その1つの工場から来ました。

過去2ヶ月間に新しい症例の追加から解放された台湾のCOVID-19症例の最新の急増で陽性反応を示したインドネシア人出稼ぎ労働者の数は正確には分かっていない。

インドネシアは台湾で最大の外国人出稼ぎ労働者の貢献者であり、男性と女性の両方で約29万人が住んでいます。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)