大晦日を飾るタンジュンプリオクのティーンエイジャーの2つのグループ
ビデオキャプチャ画面/ インスタグラム

シェア:

ジャカルタ - 10代の若者のグループは、北ジャカルタのタンジュンプリオク港のすぐ近くにあるジャラン・シンパン・マンボ・エンガノで乱闘を行いました。この衝突は、Instagramアカウントにアップロードされた後、ウイルスに感染しました。

ビデオでは、10代の2つのグループがお互いを攻撃します。道路の交通の流れが詰まった。

この事件には既知の死亡者はいない。警察だけがまだ乱闘の加害者を深め、狩りをしている。

北ジャカルタ地下鉄警察署長のコンベ・ポル・グル・アリフ・ダルマワンは、事件の報告はないが、それが働いていると言いました。

「我々のメンバーはまだ働いている。「そのような事件の報告はありません」と、グルが言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)