ナトゥナの1.3メートルの高洪水
アンタラ経由の写真

シェア:

ナトゥナ - 高さ1.3メートルの洪水の自然災害は、高強度の雨によって引き起こされたナトゥナリージェンシー、リアウ諸島(ケプリ)の4つの場所を襲いました。

4つの洪水の場所は、スアルストリート、シホタンストリート、エアレバイストリート、エアラコンストリート、ポーアレーです。

「洪水は今までインドネシア西部13.00以降(夜間)に発生しました」と、12月3日(木曜日)にアンタラが引用したエルカダル・リスマナのナトゥナ消防署(ダムカール)災害管理部門の緊急事態、物流、リハビリテーション、復興部門の責任者は言いました。

エルカダルは、洪水が住民の家の数十、特に道路の側に位置するものを水没したと言いました。

浸水した住宅の住民の多くは、洪水の影響を受けていない家族や近所の人の家に逃げることを余儀なくされました。

「ナトゥナ山からの水の流れは非常に速く流れ、小さなカルバートの状態に加えて、雨水の排出に対応することはできません」と、彼が言いました。

TNI、ポリ、地域社会の支援を受けたナトゥナ災害管理部門の合同チームは、依然として洪水への対処に苦しんでいます。

これまでのところ、洪水による死傷者は出てこないが、洪水の影響を受けた住民は物質的な損失を被る恐れがある。

「私たちは、住民が財産を保存し、より安全な場所に避難するのを助けています。さらに、洪水がさらに広がるのを防ぐこともしています」と、彼が付け加えました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)