Sedang memuat podcast...

JaniceとBenitaSetyawan、そして彼らの作品はミラノファッションウィーク2020(Doc。MaquinnCouture)で紹介されました

シェア:

ジャカルタ-ミラノファッションウィーク2020は、ジャニスとベニータがデザイナーとしての作品を展示するイベントです。 2人のインドネシア人の娘は、9月26日土曜日にイタリアのミラノで、インドネシアとヨーロッパの文化からの文化変容の結果の10のコレクションを発表しました。ゆっくりと、しかし確実に、これらの兄弟たちの働きは世界に認められ始めました。

ジャニスとベニータは、インドネシアからの唯一の代表団として、巡礼の意味を持ち、先祖代々の旅の痕跡に関連する「巡礼」というテーマを掲げました。彼らによると、彼らの祖先の生活の間、すべてはまだ自然で調和していたので、さまざまな文化的要素はそれぞれの個性を失うことなく団結することができました。

Janice dan Benita
ミラノファッションウィーク2020でのジャニスとベニータの作品(マキンクチュール博士)

彼らが採用しているインドネシアの文化は、それぞれの作品に刻まれているバティックの要素です。今回はペカロンガンのバティックモチーフがコレクションを支配しているようです。マキンクチュールのクリエイティブディレクターでもあるジャニスとベニータは、バティックを今日の現代文化に溶け込ませることで、バティックをさらに一歩進めたいと語った。

これは、事実上先週の土曜日に開催されたミラノファッションウィーク20/21へのマキンクチュールの記者会見中にジャニスプラディプタセティアワンによって伝えられました。当時ローマにいたインドネシア駐イタリア大使のエスティ・アンダヤニさんも参加しました。エスティは、インドネシア文化を国際市場にもたらすためのジャニスとベニータの努力に感謝の意を表した。

今回のSiniarVOIでは、ベニータとジャニスの進捗状況と、インドネシアが取った戦略的措置、特にローマのインドネシア大使館が取った戦略的措置について説明します。聞くボタンを押してください。ストーリーをお伝えします。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)