ガーナ、エボラに似たコウモリ媒介性マールブルグウイルスの放出を宣言
アンスプラッシュイラスト

シェア:

ジャカルタ - ガーナ政府)は、最後の感染者が治癒したと宣言された後、エボラに似たマールブルグ ウイルスの活発な症例はなかったと発表しました。

ガー ナ保健サービスの発表は、世界保健機関(WHO)のガイドラインに従っており、最後の陰性検査結果から42日以内に新しい症例がない場合、その国はアウトブレイクフリーと宣言することができます。

保健当局によると、ガーナは7月4日にマールブルグウイルスの最初の症例を確認し、それ以来3人の症例が報告され、2人が死亡しています。

4つの地区で合計198人の接触者が確認され、118人が21日間の強制的なフォローアップを完了し、家に帰ることが許可されています。

「残りの接触者はまだ追跡調査中であり、症状を経験している人はいない」と、ANTARAが8月13日土曜日に報告したサービスの声明によると。

誰によると、マールブルグウイルス病は重度のデング熱を引き起こし、ヒトの平均死亡率は50%です。

マールブルグウイルスは、果物を食べるコウモリを介してヒトに伝染し、体液や寝具や衣類などのさまざまな物体との接触を通じてヒトに広がります。

西アフリカでは、これは2番目のマールブルクの疫病です。この地域で最初の症例は昨年ギニアで確認され、新しい症例は見つからなかった。

マールブルク病を治すための既知の治療法やワクチンはまだありません。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)