エディ・プラボボの特別スタッフは確かにDPPPのボスからお金の親権を受け取った
エディ・プラボボ (DOK.KPK)

シェア:

ジャカルタ - エディ・プラボボの特別スタッフ、サフリ・ムイスは、彼がPTドゥア・プテラ・ペルカサ・プラタマ(PT DPPP)のディレクター、スハルヒートからお金を受け取ったことを認めました。

公聴会でサフリは、スハルジトとPT DPPP船のオペレーションマネージャー、アグス・クルニヤワントとの会談について語った。会議では、入手していない稚魚の輸出ライセンスの問題について議論しました。

「私はそれがデューデリジェンスチームに提出された文書が装備されていると言いました」と、サフリは汚職裁判所、中央ジャカルタ、水曜日、2月24日の裁判中に言いました。

検察官は、許可を迅速化するためにお金を与えたり受け取ったりしているかどうかを尋ねました。サフリは、お金の要求や支払いがないことを強調しました。

「いいえ、先生。私が覚えている限り、私はお金を求めたことはありません」と、サフリが言いました。

しかし、サフリは、スハルジトが彼にお金の形で「委託」を与えたことを認めました。それはちょうどお金が次の会議で与えられたということです。

「その時、スハルジトは私にお金を託してくれた。私は金額を知らなかったが、彼は知らなかった、ちょうど主なもののためにお金を残した。私はどのくらい知らない」と、サフリが言いました。

検察官から委託されたお金の割り当てについて尋ねられると、サフリは彼が知らなかったことを認めました。しかし、お金が受け取られた後、エディ・プラボボの個人的な秘書アミリル・ムクミンは、委託について尋ねました。

「私は彼が大臣の友人であるので、私はそれを取ると思う、私はパク・アミリルにそれを伝える」と、サフリが言いました。

「(提出)アミリルに。なぜなら、その時、アミリルは私に『託された人はいますか』と言って欲しがったからです。私は「はい、あったと言って、私はそれを提出しました」と、サフリを続けました。

お金は彼のオフィスで、サフリが言いました。これは、2人が彼のオフィスの近くで会ったときに、委託に関するアムリルの質問が提起されたからです。

「はい、私はアミリルがすでに知っていると思います、彼は『委託されていません』と尋ねたので、私はそこにいると言いました、私は彼に与えました。だから(彼の立場で)私はトイレから出てきて、アミリルに会い、それからアミリルは尋ねた後、彼は私の部屋に行き、私はお金を渡しました」と、サフリが言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)